【感想】ラノベ×ファッション!「魔王は服の着方がわからない」はファッションが苦手な人たちの救世主だ!

はじめに

予約していた本が届きました。「魔王は服の着方がわからない」というファッションを題材にしたラノベです。

この本は結構有名なファッションブロガーMB氏が監修しているということで結構話題になっていました。

MB氏はメンズファッションについて多くのコンテンツを作っていて、ファッションに疎い人たちへ有益な情報を発信し続けています。

著作は多くベストセラーとなった、最速でおしゃれに見せる方法などたくさんあります。

そんなMB氏の最新作として「魔王は服の着方がわからない」が出版されました。気になっている人も多いと思うのでレビューしたいと思います。

全体的な感想の後に良い部分と悪い部分を書こうかと思います。ネタバレはしません。

せっかくのラノベ形式が台無しになりますからね。一応あらすじだけは書いときます。

魔王は服の着方がわからない (ファンタジア文庫)

魔王は服の着方がわからない (ファンタジア文庫)

 

 

 あらすじ

オタク文化にハマった俺、魔王・真野央大は理想の嫁と出会うため、オタクの聖地・日本の高校へやってきた!

早速同級生の白石乃音さんに一目惚れし、勝負服(超クールな魔王マントだ)を着てアタックしようとしたら「なんちゅー格好で話しかけてんのよ!」クラスメイトの藍野瑛美が水を差してきた!

え、俺の服ってそんなにヤバい?「仕方ないわね。うちに来て」流れで藍野とファッションを学ぶことになり!?

藍野の着替えを目撃するトラブルもあったけど、アドバイスのおかげで念願の白石さんとのデートも決まってーー。

魔王でオタクな俺でも、おしゃれをすれば恋ができる……のか ?

まぁこれぐらいぶっ飛んでいる方がいいですね。ちょっと読んでみたいという気になりますから。

全体的な感想としては良かったと思います。ファッションについての基本的な情報がキャラクターたちの会話の中で、違和感なく入れられています。

これを読めばファッションに興味を持っていなかった人でもどういう方針で服を買えばよいのかがわかると思います。

ラノベを読む層の人たちはファッションに興味がない人の割合が大きいですから、まさに目から鱗だと思います。

ラノベは読まないけどMB氏の著作に興味があるという人は、若干ラノベの文体に戸惑うかと思います。

しかし後半に行けば慣れてサクサクと呼んでいくことが出来ると思います。まぁでも全体的に良いのではないでしょうか。

 良い点

良い点としては、すでに述べましたがMB氏の基本的なファッション理論がキャラクターを通してわかるということです。

本を読むのに抵抗がある人でもサクサク読めます。

あとキャラクターが良いです。ネタバレはしないようにしますが、あらすじでもあった、主人公にファッションを教えてくれる藍野瑛美(通称エイミー)というキャラがかわいいです。

どうかわいいのかはネタバレ必須なので伏せときます。まぁラノベとしてもそこそこいいよ、ということです。 

悪い点

悪い点としてはビジュアル的な情報量が少ないことです。

MB氏の著作はどれも写真や、イラストをふんだんに使ってわかりやすく解説していますが、この作品ではイラストのみで、それも少ないです。

やっぱりファッションを題材にしているので、写真は無理だとしてもイラストはもう少し欲しい気がしました。

総評

いろいろ書きましたがまぁまぁ良かったと思います。

この作品は普段MB氏の著作がアンテナに引っかからない人たちが主なターゲットであると思います。

ファッションに興味がない、服を選ぶのがめんどくさい、僕もかつてはそうでした。

でもMB氏の本を読んで、ファッションの楽しさに目覚め服を選ぶことが楽しくなりました。

この本をラノベコーナーで手に取ることで服を好きになる人が増えて欲しいと思います。

もし迷っているのなら買うことをお勧めします。600円程度ですから、そんなに高い賭けではありません。

もしこの本を読み終わったのなら、さらに「最速でおしゃれに見せる方法」も読んでみることをお勧めします。 

それではありがとうございました。

魔王は服の着方がわからない (ファンタジア文庫)

魔王は服の着方がわからない (ファンタジア文庫)

 
最速でおしゃれに見せる方法

最速でおしゃれに見せる方法

 
服を着るならこんなふうに(1) (カドカワデジタルコミックス)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です