パワプロ2016の振り返りとパワプロ2018への期待

最近パワプロにハマっている。2016を買って去年一通りやって放置していたのだが、なぜかまたやりたくなってしまった。

久しぶりにパワフェスをやってもやっぱり面白い。

最新作が出るとしたら、パワフェスをパワーアップさせたシナリオが出ることを希望する。

 

生粋のパワプロファン

僕は幼稚園の頃からパワプロをやっていて結構なファンだ。

パワプロの作品はほとんど持っているしやりこんだ。パワプロをやるために学校前に朝早起きしてたこともあったし、夜更かしもしてた。

そんなパワプロが好きな僕だからこそ、最近のシリーズの出来は悲しかった。何かマンネリ感があったし、サクセスの立ち絵が3Dのになってたりして嫌だった。

売り上げの低下とともに予算が削られたのかもしれないが、立ち絵は普通にイラストにしてほしかった。

 

パワプロシリーズの救世主

どんどんとシリーズを追うごとにグレードダウンしていったパワプロだが、それを救ったのはパワプロアプリだろう。

アプリ版は大ヒットを記録し現在も人気だ。初めてパワプロアプリをインストールした時、こういうパワプロをやりたかったんだと感動したのを覚えている。

立ち絵はもちろんイラストだし、アプリ全体の雰囲気も良かった。

それまでに携帯やスマートフォンでもパワプロのアプリはリリースされていたが、長続きするものはなかった。

このパワプロアプリのヒットを受けて、予算が増えたのだろう。

その後発売された2016は歴代でも屈指の作品となった。

 

次の作品は2016を超えられるか

2017年どんな作品が出るのかと期待していたが、パワプロ2017の発売はなかった。

2015年も発売されなかったのでこれからは2年おきに発売されるのだろうか。

発売されたとしても2016を超えるのは難しいかもしれないが。

2016の良かった点はパワフェスモードとシリーズの要素を網羅している点だと思う。

伝統のサクセス、マイライフペナントはもちろん、栄冠ナインやサクサクセスなどが含まれており、集大成的作品になっている。

もしパワプロ2018を発売するとしたら、網羅性以外に別の良い点を作る必要がある。

そういう点で2016を超えるのは難しい。

 

シリーズを変える新要素を

次の作品ではこれまでのパワプロシステムを変える要素を出してほしい。

例えばパワプロ9のキャラゲー化のようなものである。それまでは淡々とした、育成ゲームだったが、パワプロ9ではキャラクターとシナリオを前面に打ち出していた。

これが受けて10~12当たりの黄金期につながったと思う。

また最近のパワプロシステムを変えた要素としてデッキシステムがある。

2013から導入されたがこれが結果としてパワプロアプリの大ヒットにつながった。

僕も最初はデッキシステムを毛嫌いしていたが、結局ハマった。

 パワプロ2018ではそれまでの「キャラゲー化」「デッキシステム」に続くような新要素を加えて欲しい。

最後に

次回作はパワプロ2018になるのか2019になるのかはわからないがとりあえず買う。ただそれまでにアプリが生きているかが不安。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です