【パワプロえんぴつ】1ゲームで100回以上振らなきゃいけない鉛筆ゲームがあるらしい

はじめに

こんにちは。キリです。

突然ですが、みなさんはパワプロえんぴつというものをご存知でしょうか?

僕も知らなかったんですが、偶然Youtubeでその存在を知ってしまいました。

きょうはパワプロえんぴつについて書こうと思います。

ルール

ラバーガールが実演しています。

www.youtube.com

①じゃんけんで先行後攻をきめる

②先行となった方が攻撃側、高校となったほうが守備側となる

③守備側が最初に鉛筆を振る(投球)、そのあとに攻撃側が鉛筆を振る(打撃)

④お互いの鉛筆に書かれた数字を確認し、足し合わせる

パワプロ学習帳のバッティングナンバー表を見て、足した数字に対応した結果を見る

f:id:tukutomo:20180215185057j:plain

⑥3アウトになるまで①~⑤を繰り返す

⑦3アウトになったら、攻守を交代する

⑦9イニング終わるまで①~⑦を繰り返す

という流れですね。本当の野球さながら、攻守を繰り返し9イニングを戦うみたいです。

鉛筆ゲームにしては複雑(笑)

僕が小学生だったころは、ドラクエの鉛筆ゲームのバトエンっていうのが流行っていて、結構持ってたんですが、それに比べたら結構複雑ですね(笑)。

 バトエンとかはお互いが交代交代で技を繰り出して、相手を倒すまでやるという単純なルールでした。

またHPが100に設定されていて、どんなに長くても10回振れば終わるという感じでした。

一方で、このパワえんはルールが複雑で時間もかかりそうですね。まず学習帳をもってなくてはいけない、というのがなんとも言えません。

出来ればえんぴつ2本あれば遊べる方がうれしいと思うんですが。

ランナーが何塁にいるかを把握していなければいけませんし。

動画では学習帳に付録されていると思われる、トントン相撲で使うようなコマを使ってランナーを記録していました。さすがに使う道具が多い気がします(笑)。

9イニングやるために振る回数は?

もし、これを9回までやろうとしたらどれくらい時間がかかるんですかね。バッティング表を見ると1/3がアウトになっているので、大体3回振れば1アウトの計算です。

3アウトとるには9回。ここで、攻守交替。また3アウトとるには9回振ります。

やっと1イニング終了。計18回振る必要があります。これを9イニングやるとなると162回(笑)バトエンが6~7回で終わることを考えればメチャメチャ長いですね。

その分、熱い勝負ができるとも考えられますが。でも絶対4イニングぐらいで飽きるよな(笑)。

さいごに

パワプロえんぴつは、パワプロチャンピオンシップスの来場特典みたいで一般販売はされていないそうです。

正直ボクが小学生だったとしても買わないと思いますね。なんか難しいし、長いんで。

やっぱりパワプロはゲームが一番です。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)