【パワプロアプリ】虹谷誠は超絶当たりキャラ!「引ければ世界が変わる」といわれるほどの強さを解説!

はじめに

常設最強キャラと呼び声の高い虹谷誠の強さを解説します。

虹谷誠のここが強い!

金特2種類から選べてしかも確定

f:id:tukutomo:20180331133537j:plain

虹谷はドクターK「驚異の切れ味」の二つから選択して金特を取得することが出来ます。

キャラの金特が被ってしまった場合でも、二つから選べることで、被りが回避できるので、デッキの幅が広がります。

キャラの性能が低く、なおかつ金特が不確定なキャラがいる中で、虹谷の場合は、キャラの性能が高く金特が確定でさらに選べるというぶっ壊れ具合。

しかも、虹谷からもらえるコツは「ドクターK」と「驚異の切れ味」の下位コツである、「奪三振」と「キレ〇」(あと一応コントロールのコツもついてます)。

そのため、金特を取得するのに必要な経験点を軽減できます。

さらに、驚異の切れ味を選択した場合でも、奪三振の査定値は高いため、そのコツがもらえるのはとても助かります。

得意練習が2種類!

f:id:tukutomo:20180331133802j:plain

金特が2種類から選べる虹谷ですが、なんと得意練習も2種類あります。

球速と変化球の2種類です。

さらに、虹谷は技術ボーナス持ちです(練習で技術ポイントが多くもらえる)。

これによって筋力ポイント、技術ポイント、変化球ポイントの3種類を稼げることになります。

そして、得意練習に変化球が入っているのが虹谷の強い点です。

現状では、変化球キャラが非常に優遇されています。

経験点の使い道がほぼ無限にあることや、強キャラに得意練習が変化球のキャラが多いことから得意練習が変化球のキャラを固めるデッキ(アへ変)が投手では大人気です。

得意練習が変化球、そしてタッグが強いというだけでその評価のキャラは上がります。

ということで、得意練習が変化球の虹谷は強いです。

タッグもある程度強い

f:id:tukutomo:20180331133609j:plain

得意練習2つ持ちのキャラによくある弱点は「単体でのタッグが弱い」という点です。

2つの練習でタッグが起こせるとタッグの発生率が約2倍になりますから、その分タッグで稼げないように設定されています。

ところが虹谷は違います。

虹谷の場合はLV35でタッグボーナス45%と非常に低く設定されていますが、そのほかに固有ボーナス「あざやかな伝説」でタッグボーナスが+20され、さらに技術ボーナスが付きます。

そして、さらにさらにLV35のキャラとしては破格の練習効果UP20%。

これらによって、タッグボーナスの低さは全く気になりません。

さらに解放を進めていくと、タッグボーナスが固有ボーナスと合わせて75%になりますから、タッグボーナスの低さが全然弱点になりません。

LV35でも十分強い

f:id:tukutomo:20180331133652j:plain

イベキャラには早熟型大器晩成型があって(僕が勝手にそう呼んでます)早熟型はLv35までに強いイベキャラボーナスが固まっているキャラのことを言います。

こういうタイプ上限解放しなくてもあまりある程度強いので、プレイヤーにとってはうれしいです。

逆に大器晩成は強いイベキャラボーナスがLv40以降に固まっているキャラです。例えばLv40で固有ボーナスが解放されるイベント配布キャラや、Lv50で練習効果アップ30%が付くキャラです。

こういうキャラクターは上限解放が必須になってくるため、プレイヤーとしては嫌です。

で、虹谷がどちらかというと、前者の早熟型なのです。

Lv35でも十分に強く、上限解放が進んでいない場合でも戦力になってくれます。

もちろん解放をしていくごとに強さを増しますし、Lv50になればもう最強です。

Lv35でも十分に強くて、さらに伸びしろも感じさせてくれる虹谷は最高です。

モテモテがもらえる

f:id:tukutomo:20180331133736j:plain

虹谷は確定ではありませんが、モテモテを習得できます。

これにより、クリスマスに間に合いやすくなったり、エピローグでの満点が貰えやすくなったりします。

金特、得意練習2種など、様々な虹谷の強さを紹介しましたが、こういった細かいイベントも虹谷は強いです。

さいごに

ということで、虹谷の強さを解説しました。

虹谷は常設キャラクターでは文句なしの当たりキャラでしょう。

引けた方おめでとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です