肩&精神デッキが流行らない理由[パワプロアプリ]

はじめに

一見、強そうに見える、肩&精神理論がなぜ流行らないか解説します。

経験点がバランスよく稼げる肩力練習と、精神キャラを重ねることで、効率的に経験点が稼げる気はしますが、実際のところはそれほど強くはありません。

強さというのは相対的なもので、絶対的なものではありません。肩精神理論は弱くはありませんが、今の主流の打撃固めデッキに比べたら明らかに弱いです。

肩精神理論がなぜ流行らないかを、打撃固めデッキと比較しながら解説したいと思います。

打撃固めが強い理由

これからいろんなことをごちゃごちゃと説明しますが、結局のところ言いたいのは「打撃キャラには強いキャラが揃っているけど、肩キャラには微妙なキャラしかいない」ということです。

打撃キャラにはタッグ性能が高いキャラクターが多く、何よりも上限突破持ちのキャラクターが二人もいます。

現在のパワプロアプリにおいて、上限突破キャラクターというのは何よりも重要で、それなりに強い選手を作るには必要不可欠です。

そのキャラクターは現在(2018年6月16日)6人いますが、そのうちの2人が打撃練習です。基礎能力上限突破キャラクターというのは最優先でデッキに入りますから、打撃キャラがデッキに2人は入ることになります。

そして、現環境では圧倒的に強い全力学園高校において、複数タッグを狙うことが大切であることを考えれば、デッキの残りのキャラクターも打撃キャラを入れるのが自然な流れです。

まぁ、打撃キャラにろくなやつがいないとなれば話は変わっていたかもしれません。

タッグが弱いだとか、金特がアーチストだとか、コツテーブルだとかそういうキャラクターばっかりであれば、打撃固めデッキは流行らなかったでしょう。

ところが、打撃キャラには強力なメンバーがそろっています。フル覚醒でタッグ性能最強の才賀や、基礎ボーナス2種持ちで経験点がバランスよく稼げる粗方など層が厚いです。

わざわざ得意練習をばらけさせて、ちょこちょこ経験点を稼ぐよりも、打撃キャラの複数タッグからまとめて筋力、技術、精神をバランスよく稼ぐ方が効率が良いという事態が起こっています。

デッキ編成としては、打撃キャラ4人+走塁キャラ+彼女キャラとしておけばすべての経験点をバランスよく稼げます。

シドレミの得意練習が打撃&走塁なので、走塁キャラを一枚入れるだけで、二人タッグから多くの経験点を稼げるというのも地味に強いです。

まぁ、まとめると

・基礎能力上限突破持ちのキャラクターが多い(冴木、シドレミ)

・タッグが強いキャラクターが多い(才賀、冴木など)

・基礎ボーナス2種持ちのキャラクターが多い(冴木、才賀、粗方など)

ということです。中でも上限突破キャラが2人いるというのがみそでしょうね。これが肩精神デッキとの大きな差になってきます。

一方で肩&精神練習は・・

打撃固めデッキの強さを解説したところで、肩精神デッキについてみていきましょう。上でまとめた内容について、肩精神キャラについて考えてみると

・タッグが強いキャラクターが少ない

・基礎能力上限突破持ちのキャラクターがいない

・基礎ボーナス2種持ちのキャラクターが少ない(キャストオフ内藤など)

ないないないってシブがき隊じゃないんだからって言いたくなりますね。

ということで、キャラの厚みが全く違うことがわかります。打撃キャラは優秀なキャラクターが多いですが、肩キャラクターは微妙なキャラクターばっかりなのです。

優秀なキャラクターを重ねたデッキと、微妙なキャラを重ねたデッキでどちらが強くなるかというのは言うまでもありません。微妙なキャラを重ねた方です。優秀なキャラを重ねた方です。

最初にも書きましたが、打撃固めが強い理由は強いキャラが多いからです。反対に肩精神デッキが微妙な理由は、微妙なキャラばっかりだからです。驚くほど単純な理由です。

試しに、肩精神デッキを組んでみましょう。冴木と相良は上限要因で確定です。冴木は精神キャラなのでデッキに入れます。残りのメンバーをどうするかですが、どうしましょう。

肩キャラで強いキャラクターって思いつきます?ざっとgamewithで確認してみましたが、しょっぱいキャラばっかです。使えそうなキャラといえば、キャストオフ内藤、[激闘]友沢、[ジェントル]東雲ぐらいでしょうか。まぁとりあえずデッキを考えてみます。

精神キャラをもう一人は入れたいので、そこは何となく[ワイルド]神成にしておきます。精神ボーナス持ちの精神キャラということで、精神要因として強そうだからです。

ということで、今名前を上げたメンバーでデッキを組むと、冴木、相良、キャストオフ内藤、激闘友沢、ジェントル東雲、ワイルド神成という感じになります。

このデッキと打撃固めデッキを比較しましょう。冴木、シドレミ、相良、粗方、花散院、才賀というデッキだとして、肩精神デッキで勝てますか?

まぁ弱くはないでしょうが、打撃固めデッキには絶対勝てないでしょうね。

肩キャラに誰を入れるかは議論の余地がありますが、些細な問題でしょう。[激闘]友沢が誰と変わったとしても小さな変化でしかありません。

結局はキャラの厚みの差なのです。これがもし冴木が肩&精神で、才賀やシドレミも肩練習が得意だったら、肩精神理論が主流になっていたでしょう。

さいごに

ということで、肩精神デッキがなぜ流行らないかを解説しました。

弱くはないのですが、打撃固めがあまりに強いので出番がないという感じですね。ただ、もしこれから得意練習肩の強キャラが出れば、肩精神デッキが流行るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)