ディアンヌとミューエの下方修正がないとか頭湧いてんのか?

はじめに

7月24日に衝撃のお知らせがあった。結論から言うと、今回は下方修正が行われないことが発表された。

前回のフランカレンコリンの下方修正から3ヵ月の間に多くのモンスターたちが誕生した。

多くのプレイヤーが思っていることだと思うが、下方修正の対象となるキャラクターがいないはずがない。

少なくとも、4人のキャラクターが頭に思い浮かぶはずだ。きっと、ここに書かなくても、最近の白猫テニスをプレイしたユーザーであれば、半分以上の人が同じ4人を挙げる思う。

そう、エンマ、ディアンヌ、ミューエ、レムだ。グラスのぶっ壊れ四天王である。

ただ、このメンバーのうちのエンマとレムは登場から日が浅いため、下方修正の対象にはならない。

しかし、ディアンヌとミューエは確実に下方修正の対象になると思われていた。明らかにほかのキャラクターとはバランスがとられていない強さで、多くのプレイヤーを地獄に叩き落した。引退者も多く出たといわれる。

それでも、残ったプレイヤーたちが、ようやくこれらの苦痛から解放される日が7月24日のはずだった。

しかし、発表されたのは、トンチンカンなお知らせである。勝率だの使用率だのという言葉を都合よく使って、本当のことを書かずに、いかにも正当な理由があるかのように「下方修正はナシ」ということが書かれていた。

実際にプレイしてみればわかるが、下方修正の対象となるキャラがいないわけないのだ。

しかし、運営からしてみれば、現環境はなにも問題はないらしい。使用率と勝率を見れば、フラン、カレン、コリンが下方修正された時よりも、これらの数字は低く、猛威を振るっているキャラではないらしい。

もはや何から否定していいかわからないが、一つ一つ否定していく。

ユーザーの声よりわけのわからない数字を信じるのか

使用率や勝率がいかにあてにならない数字かを示す前に、そもそも運営の根本的なおかしさを否定したい。

「ディアンヌやミューエを下方修正しろ!」というのは単なるユーザーのわがままではない。誰もが楽しくゲームをしたいはずである。それにも関わらずそんな気持ちになるのは、こいつらによって何度もボロボロにされたからである。

どんなにきわどいコースにSSを打っても取られ、4-0からでも逆転され、コズミックメテオロブをスマッシュされ・・・。プレイヤーの数だけ理不尽な負けが生まれた結果の「ディアンヌやミューエを下方修正しろ!」という声なのである。

そんなユーザーの声よりも、データを優先するなんて言語道断だ。使用率や勝率が異常値を示してなくても、ユーザーは明らかに異常を感じている。

恐らく、今回のお知らせで多くのプレイヤーが引退したと思う。2周年で豪華報酬がもらえたとしても、このゲームを続ける気力が失せただろう。

結局は金の問題だろう

まぁ、おそらく運営もバカではないだろうから、こんな屁理屈が通用しないのはわかっているだろう。もしかしたら使用率や勝率が異常な数値を示していないかもしれない。だけれども、実際にディアンヌやミューエを相手にすれば、下方修正しなきゃいけないと思うはずだ。

ディアンヌやミューエが下方修正の基準に満たないとすれば、基準のとり方がおかしい。下方修正はまだ一回しかしていないはずだから、基準のとり方についても、改善の余地があるだろう。

まぁ、繰り返すが運営もバカではないから、自分たちがおかしいことを言っているというのはわかっているだろう。本気で言っていたとしたら正気を疑う。

要は、今回のお知らせの真意はこんなとこだろう。

結論から申しますと、今回、下方修正対象となるキャラはおりません。ディアンヌやミューエは性能的に考えれば、下方修正の対象となりうるキャラですが、このゲームを支えてくれている課金者のことを考えれば、反発されるようなことは避けなければなりません。「どうせ強キャラがリリースされても、すぐに下方修正される」と思われれば、ガチャが回されなくなり、サービスの存続が危ぶまれます。「ディアンヌやミューエが強すぎる」「理不尽だ」などというユーザー様からの声をよくいただきますが、何も理不尽なことはありません。なぜなら、これらのキャラは課金をすれば誰でも平等に手に入れる権利があったからです。それだけ強い性能であれば、はじめからガチャを引いておけばよかったのです。

 

我々はボランティアではなく営利企業です。課金してくれるユーザー様が居なければ、存在することが出来ないのです。課金してくれるユーザー様こそがお客様なのです。我々はそうした真のお客様の利益を第一に考えて運営いたします。

冒頭に申しましたように、ディアンヌやミューエは下方修正の対象となるべきキャラです。しかし、サービス存続のためには、定期的にありえないほど強いキャラクターをリリースしなければ、ガチャを回していただくことはできません。ユーザー様のことを考えれば、我々としてもこんなキャラクターを出すのは本意ではありません。しかしサービスを継続するためにはこうしたキャラを出さなくてはならないのです。それは、先日の人魚ガチャが大変不評だったことからも明らかです。

 

ユーザー様が望まれる、いわゆるぶっ壊れキャラがおらず、全キャラのバランスがとられている環境を実現するためには、ユーザー様の課金が不可欠です。もし、ユーザー様全員がガチャのリリースの度にエースジョエルを250個購入していただければ、ディアンヌやミューエのようなキャラクターを作る必要はありません。ユーザー様の課金の少なさとキャラクターのぶっ壊れ具合は比例します。売り上げが少ないと、強いキャラを出して、お客様に課金していただかざるを得ないのです。

 

兎にも角にも、ミューエ、ディアンヌの下方修正はありません。勝率や使用率などのデータが基準を満たしていないと書きましたが、それだけが理由ではありません。上で述べたように課金者の方に不利益を被らせるようなことはしたくなかったからです。そして、ぶっ壊れキャラが乱立する環境を維持し、その頂点に立つエンマのようなキャラに課金していただきたいからでもあります。

どうかご理解のほどよろしくお願いいたします。

結局はお金の理由だろう。どうせ、必要とあらば、勝率、使用率が基準に満たなくても、「ユーザーの皆様の声を取り入れた結果~」とか言って下方修正するだろう。

もはや真面目にプレイしているのも馬鹿馬鹿しい。このゲームに嫌気がさしている人は即刻引退することをおススメする。ほかにも面白いゲームはいくらでもあるし、ゲームに限らず面白いことはたくさんある。

せっかく区切りのより2周年であるし、やめてみるのはどうだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)